新卒採用.jp - 内定者フォロートップ > 専門家コラム > 情報感度を高める3つのポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

情報感度を高める3つのポイント

2012-05-22 テーマ: 若手育成

新入社員の皆さんも、そろそろ職場に慣れてきた頃でしょうか。

学生時代とは、全く違った環境・新しい人間関係・覚える知識の
多さなど戸惑うことが少なくないことでしょう。

特に、新しいことを覚えるにあたり、一度では処理できないくらい
の情報が流れ込んでくるのではないでしょうか。
また、自分で調べ始めても、今のネット環境では止めどなく情報が
溢れ、まとまりがつかないことも多いのではないでしょうか。

情報収集はビジネスマンにとって欠かせないスキルです。
その手法・ルートは様々あると思いますが、ここでは、私の考える
“情報感度を高める”ポイントを3つ紹介したいと思います。

---------------------------------------
≪情報館度を高める3つのポイント≫
1.情報収集の目的を決める
2.自分からも発信する
3.鵜呑みにしない

---------------------------------------

1.情報収集の目的を決める

情報の取捨選択が大事です。本当に重要な情報だけに目を通すためには、
どれだけ必要のない情報を捨てられるかにかかっています。
そのためには、何のために、どんな情報が必要かを明確にしましょう。

2.自分からも発信する

情報発信する人は常にアンテナを高く貼っています。
そして、情報発信する人のもとへは、不思議と情報が集まってきます。
また、時には、教える立場となることも良いでしょう。教えることで、
記憶への定着が高まりますし、曖昧な点もわかります。

3.鵜呑みにしない

収集した情報を鵜呑みにせず、自分の意見も加えていきましょう。
また、ときには逆の立場からも考えることも重要です。
本を読むとき、例えば「TPP」に
ついて調べるときも、賛成・反対両方の立場からの内容のものを読む
と良いでしょう。

情報への感度を高く持ちながら、自分の判断軸をしっかりと持った
ビジネスマンとなっていきましょう!

情報の目的は知識ではない。正しい行動である。
ドラッカー

株式会社マングローブ 教育研修コンサルタント
☆ Best Meet ☆
大学卒業後、某採用コンサルティング会社に入社し、中途採用の戦略支援・実務支援を行う。その後、深く組織活性に関わりたいという想いから、株式会社マングローブに入社。現在は研修プログラムの設計・講師から人事制度構築・運用まで幅広く従事している。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク