このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

誓約書について

投稿日:2021/10/09 13:28 ID:QA-0108400

相談中

入社時の入社書類の中の誓約書について質問させて下さい。

入社を予定する社員の方やその親御さんから最近問い合わせがすごく多くて困っている誓約書の文言があります。
文言をそのまま掲載すると問題が起こりそうなため変えてのせておりますが、以下となります。
「入社時の書類に不備があった場合は賃金の振込時期を貴社判断に任せ、 過去分の遡っての支払いは無しとすること。」
と問題があるような文言があり、改訂した方がよいのではないかと考えておりますが、他社との誓約書を比べたことがなく、また法的に問題があるのではないかと私自身は考えても、トップダウン型の企業のため、意見をあげるのが困難な状況にあります。

文言について法的な問題はあるのかと、文言の変更や削除を検討した方がよいかについてお伺いしたくご質問させて頂きました。

dokiさん  東京都  販売・小売(1001~3000人)  回答数:3件 カテゴリ:新卒採用
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、誓約書が任意で署名してもらう文書であるのに対し、一定日払い等賃金の支払い方法については労働基準法できちんと定められております。

勿論、過去に勤務された分の賃金支払を書類不備等で支払わない等という措置は賃金全額払いの原則に反し認められませんので、こうした違法内容部分は当然に削除される必要がございます。
投稿日:2021/10/11 09:20
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の内容は、賃金の全額払い、一定期日払い等、労基法的にも問題がありますので、削除が必要です。

書類の不備が心配なのであれば、誓約書に記載するのではなく、入社時の書類は、入社前までに提出するようなルールにしてください。
投稿日:2021/10/11 10:29
A

対応

増沢 隆太 /RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

その文言自体が違法性が高く、実現不可能な記載は、そもそも必要性がないといえます。直ちに削除すべきでしょう。
コンプライアンスに反することを管理部門の人事や経営者が行うこと自体が重大なリスクです。
投稿日:2021/10/11 12:24
新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク