このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

採用の秘訣

投稿日:2021/10/18 11:45 ID:QA-0108765

解決済

専門商社ですが採用の質量ともに苦労しています。採用の成功秘訣を教えてください。

採用コナンさん  大阪府  保険(1001~3000人)  回答数:6件 カテゴリ:新卒採用
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、漠然としたご質問内容ですし、御社事情にもよりますので、あくまで参考としましてご覧頂ければ幸いです。

その上で申し上げるとすれば、

・一つの採用ルートに頼らず、ネット活用も含めて多方面での方策を取られる事
・専門商社としての一般的な会社紹介のみではなく、特にキャリア形成や処遇面における御社独自の強みを分かりやすく示される事
・会社見学や面接等のやり方について、形式的になっていないか、応募者目線で対応出来ているか等の点から見直しを図られる事

といった事が挙げられるでしょう。

また、職業紹介事業者の利用につきましても、御社との相性等もございますので、幅広く検討される事をお勧めいたします。
投稿日:2021/10/18 18:09
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:38
A

ご質問に関して

森 謙太郎 /株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

お世話になります。

ご質問が漠然としすぎているので、どこが改善点なのかわかりません。もう少し詳細な情報を記載していただけると助かります。

どんな商品を扱う専門商社なのか?
採用の予算はどのくらいとっているのか?
求人広告はどのように出しているのか?
応募自体が来ないのか?
ミスマッチが多いのか?
人材紹介会社を使っているのか?
気づいている範囲で、どこがまずいと思っているのか?
などです。

詳細な情報があれば、何かアドバイスできるかもしれません。

よろしくお願いします。
投稿日:2021/10/18 18:28
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:39
A

プロサイトから突破口を

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼一発成功秘訣などはありません。自分一人で悩んでも答はでてきません。必要な経費は惜しまず、信頼できる人材紹介会社の知恵を借りることです。
▼下記サイトに「大手12社の人材紹介会社をランキング・タイプ別に徹底比較」があります。先ずは、プロの無料相談から突破口を見つけることです。
▼サイト ⇒ < https://masa-ka.net/pascase/oote-hikaku/ >
投稿日:2021/10/19 10:04
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:40
A

採用マーケティング 各ターゲット=候補者をどれだけ理解できているか?

山本 陽亮 /株式会社ヒューマンファースト 代表取締役

採用はマーケティングの時代と言われていますが、消費活動におけるマーケティングも最早マスマーケティングは通用せず、個別最適化したマーケティングが必須です。

①まず、自社の採用ターゲットを過去に採用した人材=貴社の社員と共に、見つめ直すことから始めてください。
その中で、「どんな就職活動の軸/選社基準(+と-両方)/転職理由で自社に行き着き、意思決定したのか?」を紐解くことが、採用ターゲティングの第一歩となります。

②次に、各ターゲット毎に、上記に刺さる自社および自社求人の情報(+とーの払拭両方)を棚卸しし整理することが、採用ブランディング=ターゲットに刺さり動かす情報になります。

少し遠回りに見えるかもしれませんが、採用に苦戦される企業さんこそ、お金を掛ける前に正しい労力を掛けて頂きたいと思います。
投稿日:2021/10/19 10:05
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:41
A

対応

増沢 隆太 /RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

社員が応募する際に最も重視するのはまず給与、次いで業務内容や仕事スタイルです。リモートワークできない業務はともかく、精神論が跋扈する職場は高度人材からは忌避されがちです。

たとえば台風や地震の翌日に電車遅延が明らかでも、定時出社を当然とするような社風は明らかに時代に外れていますが、基板の大きな大企業では、それでも社員は集まることでしょう。しかし規模が小さい、知名度が無いなど採用に不利な条件であれば、そうした地道しかし社員対象者層が重視するであろう要素を一つ一つ押さえ、地味ながらも働きやすい環境であることをアピールするのはかなり重要です。

専門職採用であれば、人材紹介も並行することになり、この場合は比較的知名度が低くとも労働条件によっては採用は進みます。

そもそもの労働環境、労働条件、給与水準などが業界において標準以上なのかも確認し、総合的な経営判断として採用戦略を立案実行すべきでしょう。
投稿日:2021/10/19 11:04
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:41
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

次の4つがコツです。
1.労働条件
 ・給料が高い、勤務時間が短い、休日が多い、多様な働き方が可能である。
2.社風
 ・風通しがいい、パワハラ、セクハラ対策等がしっかりしている。
3.福利厚生
 ・社宅、寮が完備、食堂、スポーツ施設、慶弔休暇、健康診断等
4.自分が成長できる
 ・スキルアップ、キャリアアップ、資格取得、研修、教育、評価制度が充実している。
投稿日:2021/10/19 16:22
ご回答ありがとうございました。そうですね。もう少し具体的になぜ採用がうまくいかないか深堀してみます。
投稿日:2021/10/21 17:42
新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク